VR

【最強画質】HP Reverb を他のVRとスペック徹底比較

更新日:

 

2019年春に発売が決定しているものにはOculus Rift SOculus QuestHP Reverbとそれぞれ個性のあるものがそろっています。

その中でこれまでのハイエンドVRと言えば

HTC ViveOculus Rift

という流れがありましたが、

その流れを変えてしまいそうなかなり期待できるHP ReverbというVRについて今回はスペック面から比較していきたいと思います。

ちなみにHP Reverbは2019年4月下旬発売というアナウンスがありました。

 

スペックを表から比較

 国内価格(税込)
単位円
解像度リフレッシュレート視野角重量接続機器トラッキング方式プラットフォーム
HP Reverb
670004320 x 2160
(LCD)
90Hz114度450gPCインサイドアウト方式(外部センサー不要)Windows Mixed Reality
Steam
Oculus Quest
500002880×1600
(有機EL)
72Hz100度470gなしインサイドアウト方式
(外部センサーなし)
Oculus Store
Steam
Oculus Rift S
500002560×1440
(液晶パネル)
80Hz110度Oculus Riftより少し重いPCインサイドアウト方式(外部センサーなし)Oculus Store
Steam
Oculus Rift

Oculus Rift
450002160×1200
(有機EL)
90Hz110度470gPCアウトサイドイン方式
(付属の赤外線センサーを使用)
Oculus Store
Steam
Oculus Go

Oculus Go - 64 GB
250003560×1440
(WQHD液晶パネル)
72Hz 110度 468gなしインサイドアウト方式(内臓ジャイロ)Oculus store
HTC Vive

【国内正規品】 HTC VIVE (コンシューマーエディション) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC壁紙配信 付
820002160×1200
(有機EL)
90Hz110度468gPCアウトサイドイン方式
(付属のベースステーションを使用)
Steam
Viveport
HTC Vive Pro

HTC VIVE PRO 99HANW009-00
1450002880×1600(有機EL)90Hz110度765gPCアウトサイドイン方式
(付属の赤外線センサーを使用)
Steam
viveport
PSVR

PlayStation VR Special Offer
370001920 ×1080
(有機EL)
90Hz/120Hz100度600gPS4アウトサイドイン方式(付属のPlayStation Cameraを使用)PlayStation Store
Windows MR (Odyssey除く)

Dell ヘッドマウントディスプレイ Dell Visor with Controllers VRP100/Windows MR/VR/AR
540002880×1440
(LCD)
60Hz/90Hz 90度~105度平均450g程度
(メーカーによる)
PCインサイドアウト方式(外部センサー不要)Windows Mixed Reality
Steam
Odyssey

HMD Odyssey VR Headset
550002880 x 1600(有機EL)90Hz110度590gPCインサイドアウト方式(内臓ジャイロ・カメラ)Windows Mixed Reality
Steam

 

スペックをざっと眺めてまず思うのが、解像度や視野角、トラッキング方式に関してHPは本気でVRを作りに来ているな、ということです。

今のところ有名メーカーから発売されているVRで最も高性能なものと言えばHTC Vive Proが思いつきますが、

単純な解像度ではその約1.3倍でありながら価格はその半分程度、また重さは3分の2

それだけでもこのVRの性能がどれほど優秀かわかると思います。

 

最高の解像度と「スクリーンドア効果」

 

 

(右のHTC Viveに見られる網目状の問題、有機EL特有)

 

まずはVRを考えるうえで最も没入感に関係する解像度について見ていきましょう。

HP Reverb の解像度は 4320 x 2160

と、今のところ有名メーカーから発売されているものの中では最高の解像度を誇ります。

そして、今回HPがこだわった点として挙げていたのが

"スクリーンドア効果"  と呼ばれる画面に網目状の模様が見えてしまうという問題をどれだけなくすかということでした。

そのためにまずパネルの種類に"スクリーンドア効果"の起こりにくい

"LCDパネル"を採用し、

そのうえで過去最高の解像度にするという手段をとったようです。

LCDパネルとは

LCDパネル(liquid crystal display)とは液晶ディスプレイのことで

メリットとしては先ほど挙げたように"スクリーンドア効果"が起こりにくいこと、

デメリットとしては黒の表現が有機EL(HTC Viveなどに採用)に比べややはっきりとしないというものがあります。

 

さらに広がった視野角

 

HP Reverbでは過去最高となる114度の視野角を実現しています。

視野角に関してはまず人間の視野角の広さから考える必要があります。

人間の視野角は左右に約200度程度と言われています。

ここで気になるのが「VRの視野角は人間の視野角の半分程度しかないということは半分は真っ暗になってしまうのではないか

ということです。

しかし人間は実際ピントを合わせられる視野角には限界があり、その角度は

識別できる範囲まで広げたとしても110度程度のようです。

今までのVRでの一般的な視野角が90度であり、

こんかいHP Reverbが採用したのが114度でしたが、114度という数字はこの110度をしっかりカバーしており

おそらくこの数字を意識して作られたのではないかと考えられます。

つまりいままでのVRでの

視界の端は暗いがコンテンツに集中したら気にならない

という段階から

最初から視野角に不満を感じない

ということになってくると思います。

 

 

プラットフォームと遊べるゲームの種類

 

HP Reverbが対応しているコンテンツについて考えていきます。

ここまでスペックから考えるとかなり魅力的に見えたと思いますが、それでもプレイできるコンテンツが少なければ意味がありません。

そこで現在HP Reverbが含まれるWindows MRという種類のVRが対応しているコンテンツを紹介していきます。

steamに対応している

 

2017年からWindows MR for steamという形でWindows MRにもsteamは対応が完了している。

当時はsteam上でWindows MRを利用している人は少なく、実際対応しているゲームはごく僅かでしたが

現在はsteam上でのWindows MRユーザーの割合が8%を突破しておりよほどのマイナーゲームや個人製作ゲームを頻繁にプレイしたい人以外は何の問題もなくsteamを楽しめるでしょう。

これからHP Reverbなど安くて高性能なWindows MR製品の後押しもありこのWindows MRユーザーの数もさらに増えていくことが予想されます。

 

プラットフォーム「Windows Mixed Reality」にも対応

ゲームを主にプレイすることが目的の人は正直先ほどのsteam対応のみでも十分ですが、

さらに「Windows Mixed Reality」というプラットフォームにも対応しています。

「Windows Mixed Reality」では地図系のアプリやVR上で動くデスクトップなどゲームに限らず数多くのアプリ系のコンテンツがあります。

アプリ等はMicrosoft StoreからDL可能となっています。

 

必要なPC性能

 

ここまでかなり不満のない評価をしてきましたが、唯一欠点とまではいかないものの問題となってくるのが

要求されるPCのスペックが通常のVRより高いことです。

通常要求されるVR用PCの性能と言えば下の記事で詳しく解説しましたが

【これを選べば大丈夫】VRに最適なPCの選び方とおすすめ【コスパ重視】

  PCを使用したVRを始めようと思ったときにVRデバイスの他に考えなければならないのがVRに最適なPC選びです。 VRでVRchatとかskyrimとかやってみたいけどPCどれを買えば良い ...

続きを見る

CPU  Intel™ Core™ i5-4590以上

GPU  NVIDIA GeForce™ GTX 1060

メモリ 8 GB RAM以上

というのが推奨スペックになりました。

しかし今回 HP Reverbを動かす上でHPの関係者の話す推奨スペックについては

「HPの関係者はGeForce GTX 1080またはGeForce RTX 2070の使用をお勧めします。」

ということなので

通常要求されるものの一段階上のスペックが要求されることになります。

ひとまずこのスペックを満たしたうえでコスパ重視で選ぶとするならばGPUに関しては

名称ビデオメモリ性能目安値段目安(円)コスパ
(性能目安÷値段目安×10000)
RTX2080Ti11GB105316000065
RTX20808GB8989000099
RTX20708GB87160000145
RTX20606GB85545000190
GTX1080Ti11GB90985000106
GTX10808GB71510000072
GTX1070Ti8GB6607000094
GTX10708GB59440000149
GTX10606GB44125000176
GTX10603GB41025000164

上の表から考えるにRTX 2070を選ぶのが賢い選択となるので

RTX 2070を搭載しているものから探すと下のようになります。

スペックを満たし、コスパを重視しておすすめできるPC3台

 

一位

LEVEL-M0B4-R52X-TOR [Windows 10 Home]

 

二位

LEVEL-M0B4-R52X-TOR [Windows 10 Home]

三位

LEVEL-M039-i5K-TOVI [Windows 10 Home]

 

まとめ~2019年の選択肢となるか~

 

2019年の選択肢となるか、ということですが

間違いなくOculus Rift S,Oculus Quest と並び大本命の一台となるでしょう。

これから今までのVRの常識を覆すような機能を持ったものが出てくるかもしれませんが、ハードウェア面でクリアしたとしてもコンテンツが追い付くには時間がかかるため

今回のように地道なバージョンアップを実現できたVRデバイスが覇権を取っていく期間は少なくともこれから3年ほど続きそうです。

まとめ

・HP Reverbのスペックは過去最高レベル

・付け心地など細かな点も改善されている

・利用できるコンテンツ量も十分

・唯一PCの要求スペックが高いことが気になる

 

(参考 https://www.pcworld.com/article/3367755/hp-reverb-vr-headset-price-features-hands-on.html)

下の記事にて付け心地などについて解説をしていますので良ければ参考にしてください。

【2019年4月発売】HPが新製品VR HP Reverb を発表【スペック比較】

  HPはVRの次世代新製品「HP Reverb」を正式に発表しました。 HP Reverbは4月に発売され、コンシューマー版の価格は599ドル(日本円で約66700円)となり、二つのWin ...

続きを見る

-VR
-,

Copyright© xR LABO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.