VR

【2020年版】予算別おすすめVR用PC10選

 

2020年2月現在でも、快適なVR体験を突き詰めるとやはりPCと接続するタイプのVRを選択することになると思います。

そこで、現在発売されているPC用VRの性能を最大限まで引き出すことのできるPCを予算別で10種類紹介していこうと思います。

また、今回選んだ基準となる情報は下のページに詳しくまとめてありますので是非参考にしてください。

 

10万円以下で選ぶ

GALLERIA RJ5 2600搭載 ガレリア RJ5  (79,980 円(+税)

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
AMD Ryzen 5 2600 (3.4GHz-3.9GHz/6コア/12スレッド)
CPUファン
AMD静音CPUファン
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
電源
500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
メモリ
8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
SSD
256GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3000MB/s, 書込速度 1000MB/s)
ハードディスク/SSD
1TB HDD
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTMミニタワーケース (MicroATX)詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
AMD B350 チップセット マイクロATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex1 x1 / メモリスロット x2(最大 32GB) / SATA3 x4 / M.2 x1
入出力ポート
前面:USB3.0 x2, 背面:USB2.0 x2, USB3.0 x4

 

まず最初に紹介するのはこのGALLERIA RJ5 です。

10万円以下ということで、まず第一に譲れない条件を満たしているものを選びました。

VR用PCでは特にグラフィック性能が重要となってきます。

そこで、上記の選び方のサイトで紹介したようにGTX1060以上の性能が推奨されているので、それを満たすようなグラフィックボードを搭載したものを紹介します。

このGALLERIA RJ5ではグラフィックボードは

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 

となっているので、下の表を確認してもらえればわかる通りGTX1060以上の性能という条件をしっかり満たしてくれています。

 

(参考 https://thehikaku.net/pc/game/19geforce-gtx1650.html)

またそれ以外にも、ストレージにSSDが搭載されているなど、VRのコンテンツを楽しむうえで重要なパーツも揃っているので10万円以下で購入できるとは思えないほどのものとなっています。

GALLERIA RT5 2600搭載 ガレリア RT5 (84,980 円(+税)

 

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
AMD Ryzen 5 2600 (3.4GHz-3.9GHz/6コア/12スレッド)
CPUファン
AMD静音CPUファン
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
電源
500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
メモリ
16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD
256GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3000MB/s, 書込速度 1000MB/s)
ハードディスク/SSD
1TB HDD 《無料アップグレード中》
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTMミニタワーケース (MicroATX)詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
AMD B350 チップセット マイクロATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex1 x1 / メモリスロット x2(最大 32GB) / SATA3 x4 / M.2 x1
入出力ポート
前面:USB3.0 x2, 背面:USB2.0 x2, USB3.0 x4

 

 

次に紹介するのはGALLERIA RT5です。

こちらのグラフィックボードも

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6

となっているため、必要な条件をしっかり満たしています。

また、最初に紹介したGALLERIA RJ5との違いはメモリが 8GB から 16GB DDR4 SDRAM にアップグレードされている点です。

VR用PCにおいてメモリは8GB以上が推奨されているので、8GBでも問題なくVRコンテンツを楽しむことは出来ますが、今後より重いコンテンツが発表されたときに備えて16GBを選ぶのも一つの手でしょう。

 

15万円以下で選ぶ

GALLERIA MJ ガレリアMJ (122,980 円(+税)

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
CPU
インテル Core i7-9700 (3.00GHz-4.70GHz/8コア/8スレッド)
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
電源
500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
メモリ
8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
SSD
250GB SSD(M.2 SATA)
ハードディスク/SSD
1TB HDD
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTMミニタワーケース (MicroATX)詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル B365 チップセット マイクロATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex1 x2 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6, M.2 x2
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB 3.1 Gen1 x5 (Type A x4+ Type C x1)

10万以上のPCとなってくるとどのPCもGTX1060以上の性能は必ず満たすことができるようになります。

そこで、この価格帯で購入を考えるときはグラフィック部分を出来るだけ高性能なものにするのか、それともそれ以外のパーツにお金を回して全体としてのバランスを向上させるのかということになると思います。

一つ目に紹介させてもらったGALLERIA MJ ではもちろん必要なグラフィック性能を満たすことは当然として、15万以内の中で最もコスパ良く低価格になっています。

一般的なハードディスクより読み込みの早いSSDもしっかり250GB搭載してあり、3Dゲーム等読み込みによるストレスが起きにくくなっているのもポイントです。

 

 

GALLERIA XT ガレリア XT (129,980 円(+税)

 

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
CPU
インテル Core i7-9700F (3.00GHz-4.70GHz/8コア/8スレッド/内蔵グラフィックス非搭載)
CPUファン
静音パックまんぞくコース
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
電源
500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
メモリ
16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)《無料アップグレード中》
SSD
Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2, QLC)《無料アップグレード中》
ハードディスク/SSD
1TB HDD
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
ハードディスク(追加2)
追加ハードディスク2台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTケース (ATX) ≫製品の詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル B365 チップセット ATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex4 x1, PCI-Ex1 x4 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2
※M.2_1 ソケットとSATA_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x4

次に紹介するのはGALLERIA XT です。

この商品はパソコン工房のゲーミングデスクチップパソコンの中でも人気2位になるほど良くバランスの取れたものとなっています。

先ほど紹介したGALLERIA MJと7000円ほどしか違わないものの、内容としてはパソコンの頭脳であるCPUとグラフィック部分が一段階良いものになっていることがわかります。

 

GALLERIA MV ガレリア MV (139,980 円(+税)

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
インテル Core i7-9700 (3.00GHz-4.70GHz/8コア/8スレッド)
CPUファン
静音パックまんぞくコース (高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER 8GB (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)《無料アップグレード中》
電源
650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
メモリ
8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
SSD
250GB SSD(M.2 SATA)
ハードディスク/SSD
1TB HDD
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTMミニタワーケース (MicroATX)詳細はこちら
5インチオープンベイ
5インチオープンベイ 追加なし
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル B365 チップセット マイクロATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex1 x2 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6, M.2 x2
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB 3.1 Gen1 x5 (Type A x4+ Type C x1)

15万円以下のもので紹介する最後のPCは上で紹介した二つのさらに上のグラフィック性能を持ったGALLERIA MV です。

このPCのグラフィック部分はGeForce RTX 2060 SUPER 8GBとなっており、最低限必要な性能を大きく上回っているのでゲーム内での設定をより高画質なものにできたり、これから求められる性能が高くなってきても長く使えるというメリットがあります。

 

20万円以下で選ぶ

GALLERIA XF ガレリア XF  (169,980 円(+税))

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド)
CPUファン
静音パックまんぞくコース
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
電源
650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
メモリ
16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD
Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2, QLC)
ハードディスク/SSD
2TB HDD
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
ハードディスク(追加2)
追加ハードディスク2台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTケース (ATX) ≫製品の詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル B365 チップセット ATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex4 x1, PCI-Ex1 x4 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2
※M.2_1 ソケットとSATA_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x4

15万円以上20万円以下で予算を考えることができるなら、かなり余裕を持った性能のPCから探すことができるようになります。

この価格帯だと、バランスを考えるとグラフィック部分はGTX 2070~2080あたりになってきます。

どちらも最新の2000番台でなおかつ高性能な部類に入るのでVRゲームであってもかなりの余力を持った状態で楽しめると言えます。

まず一つ目に紹介するGALLERIA XF はゲーミングPCというくくりの中で最も売れているものになります。

グラフィック部分はGTX2070 superと申し分なく、メモリ、ストレージもゲーム以外の用途で重い負荷のあるものでも全く問題ない構成となっています。

この価格帯で考えるなら、まず最初に候補に入るであろうゲーミングPCです。

GALLERIA XG ガレリア XG 9700K特価モデル (189,980 円(+税))

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド)
CPUファン
静音パックまんぞくコース
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
電源
SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
メモリ
16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD
Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2, QLC)
ハードディスク/SSD
2TB HDD
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
ハードディスク(追加2)
追加ハードディスク2台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTケース (ATX) ≫製品の詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル B365 チップセット ATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex4 x1, PCI-Ex1 x4 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2
※M.2_1 ソケットとSATA_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x4

二つ目に紹介するGALLERIA XG は上で紹介したGALLERIA XFより一段階グラフィック部分が強化されているものとなっています。

そのため価格としては税抜きで2万円程高くなっていますが、それに見合った性能ではあるのでより長く使いたいのであればこちらも選択肢としてはありです。

GALLERIA ZF ガレリア ZF i7-9700K (195,980 円(+税))

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
インテル Core i9-9900K (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド)《無料アップグレード中》
CPUファン
静音パックまんぞくコース
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
電源
650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
メモリ
16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD
Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2, QLC)
ハードディスク/SSD
2TB HDD
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
ハードディスク(追加2)
追加ハードディスク2台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTケース (ATX) ≫製品の詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル Z390 チップセット ATXマザーボード
PCI-E x16 x2, PCI-E x1 x3 / メモリスロット x4(最大64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB3.1 Gen2 x2 (Type A x1+ Type C x1) USB3.1 Gen1 x2 (Type A x2)

20万円以下で最後に紹介するのは、GALLERIA ZFとなります。

最初に紹介したGALLERIA XFと比較してPCの頭脳であるCPU部分がより高性能なものとなっています。

ゲームに関してCPUが高性能であると、特に対戦型のゲームで一瞬のやりとりで勝敗が決まるようなものの場合有利になります。

この理由から、これからVRでも増えていくであろう人対人の対戦型ゲームを楽しみたいという人はこの高性能なCPUを搭載したPCを考えても良いと思います。

20万円以上

GALLERIA XZ ガレリア XZ (234,980 円(+税)

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド)
CPUファン
静音パックまんぞくコース
CPUグリス
ノーマルグリス
グラフィック機能
NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GB (HDMI x1,DisplayPort x2,USB TYPE-C x1)
電源
SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
メモリ
8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
SSD
Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2, QLC)
ハードディスク/SSD
2TB HDD 《無料アップグレード中》
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
ハードディスク(追加2)
追加ハードディスク2台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTケース (ATX) ≫製品の詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル B365 チップセット ATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex4 x1, PCI-Ex1 x4 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2
※M.2_1 ソケットとSATA_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x4

 

20万円以上となってくると、もはやコスパというよりは今発売されているものの中で最も良いものを使いたいという範囲に入ってくると思います。

このPCではグラフィック部分がGeForce RTX 2080 Ti 11GBと一般的には最も高性能なものとなっています。

この性能だとかなり時間が経っても最前線で使用できるものとなっているし、言うまでもなく現在この性能で不足するようなものは存在しないので予算が許すのであればまず失敗はしないであろうPCです。

 

GALLERIA ZZ ガレリア ZZ (279,980 円(+税)

OS
Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
インテル Core i9-9900KF (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド/内蔵グラフィックス非搭載)
CPUファン
静音パックまんぞくコース (高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)
グラフィック機能
NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GB (HDMI x1,DisplayPort x2,USB TYPE-C x1)
電源
SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
メモリ
16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD
1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
ハードディスク/SSD
HDD 無し
ハードディスク(追加1)
追加ハードディスク1台目 無し
ハードディスク(追加2)
追加ハードディスク2台目 無し
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属(※ケースをカスタマイズする場合、ケース標準のカードリーダーは付属しません。)
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTケース (ATX) ≫製品の詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル Z390 チップセット ATXマザーボード
PCI-E x16 x2, PCI-E x1 x3 / メモリスロット x4(最大64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB3.1 Gen2 x2 (Type A x1+ Type C x1) USB3.1 Gen1 x2 (Type A x2)

最後に紹介するのは税別でほぼ30万もするこのゲーミングPCです。

正直欲しいものを限界まで積んだようなPCとなっているので、予算を考えず最も良いものをという人におすすめです。

まとめ

今回は予算別でVR用PCを紹介していきました。

PC選びではパーツも沢山あるし、今使えても何年くらい使えるのかが不明瞭で分かりにくい部分はありますが、推奨スペックなどと比較して予算が許す範囲でバランスの良いものを考えるのが賢い選択と言えそうです。

 

-VR
-

Copyright© xR LABO , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.