VR

【これを選べば大丈夫】VRに最適なPCの選び方とおすすめ【コスパ重視】

投稿日:

 

PCを使用したVRを始めようと思ったときにVRデバイスの他に考えなければならないのがVRに最適なPC選びです。

VRでVRchatとかskyrimとかやってみたいけどPCどれを買えば良いのかわからない...

という人たちに向けてVRに使えるPCの選ぶポイントと適したおすすめPCを紹介していきます。

 

この記事ではひとまずこれを買っておけばどのVRでも快適に遊べるというものを解説していきます。

あれこれ細かく考えるよりコスパ重視で大は小を兼ねた方が簡単で長く使えるので。

まずはVRごとの推奨スペックを確認する

 

初めにやらなければならないのがそれぞれのVRの推奨スペックを確認することです。

 

推奨スペックとはそのVRを動かすためにおすすめされるPCの性能のことです。

 

では推奨スペックを表でまとめたので確認していきましょう。

 GPU(グラフィックカード)CPUメモリビデオ出力USBポート
HTC Vive

【国内正規品】 HTC VIVE (コンシューマーエディション) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC壁紙配信 付
NVIDIA GeForce™ GTX 1060、AMD Radeon™ RX 480、または同等クラスのGPU以上。Intel™ Core™ i5-4590、AMD FX™ 8350、または同等クラスのCPU以上4 GB RAM以上1x HDMI 1.4ポートまたはDisplayPort 1.2以上1x USB 2.0ポート以上
HTC Vive Pro

HTC VIVE PRO 99HANW009-00
NVIDIA® GeForce® GTX 1060 もしくは AMD Radeon™ RX 480 の同等品またそれ以上Intel® Core™ i5-4590 もしくは AMD FX™ 8350 の同等品またそれ以上
4 GB RAM以上DisplayPort 1.2 以降USB 3.0 以降 1口
Oculus Rift,

Oculus Rift
NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上上
(またはNVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上)
Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上8 GB RAM以上HDMI 1.3互換ビデオ出力USB 3.0ポートx3、USB 2.0ポートx1
Windows MR (Odyssey除く)

Dell ヘッドマウントディスプレイ Dell Visor with Controllers VRP100/Windows MR/VR/AR
Nvidia 1050以上Intel® Core™ i5-4590 以上8 GB RAM以上HDMI 2.0またはDisplayport 1.2USB 3.0タイプAまたはタイプC

 

ざっと見ただけでもそこらの家電量販店ではあまり見ないほど映像処理に長けた性能の条件が目立ちます。(家電量販店に売ってあるにはあるのですが、家電量販店で買うのは高すぎるのでお勧めできません。詳しくは後程)

それではここからは上のパーツごとに解説していきます。

 

各パーツについての解説(どこで妥協できるかできないか)

 

GPU(グラフィック担当)

GPUと言えば映像の処理を担当する部分です。

VRは知っての通り映像によるコンテンツなのでここが最も重要なパーツとなり、一番妥協のできないパーツです。

グラフィックボード」「グラボ」なんて言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

簡単に言うと

 

グラフィックボードとはGPUという映像処理を担当する部品を載せているパーツです。

ということなので、GPUと言えばグラフィックボードをイメージしてもらっても大丈夫です

 

 

上の表を見てみるとほぼすべてでGPUの条件が

GTX 1060以上になっていますね。

GTX 1060以上の性能の物と言えば

 

名称ビデオメモリ性能目安値段目安(円)コスパ
(性能目安÷値段目安×10000)
RTX2080Ti11GB105316000065
RTX20808GB8989000099
RTX20708GB87160000145
RTX20606GB85545000190
GTX1080Ti11GB90985000106
GTX10808GB71510000072
GTX1070Ti8GB6607000094
GTX10708GB59440000149
GTX10606GB44125000176
GTX10603GB41025000164

(参考 https://www.dospara.co.jp/5shopping/share.php?contents=vga_def_parts)

 

上の通りGTX 1060を合わせて8種類あります。

この中でどれを選ぶかという話をすると、もちろん予算が無限の方は迷わずGTX2080Tiを選ぶに越したことはないと思いますが、実際コスパ重視で考えている方も多いと思います。

そこで、性能を価格で割ったものをコストパフォーマンスの数値として比べてみたところ

コストパフォーマンスの最も高いGPUは

RTX 2060 という結果が出ました。

個人的にもこのRTX 2060は性能面でもVRをプレイするのに十分であり、PCの価格もこの性能からしてかなり安く抑えることができるので大変おすすめできます。

結論

・GPUはグラフィックボードの中の映像処理の部分→GPU≒グラボ

・コスパ、性能面から考えてRTX 2060を選ぶのが現時点では最善

RadeonについてはGTX1060以上のものも少ないうえに互換性の関係で安定してない面もあるので今回は省いています。

CPU(パソコンの頭脳)

続いてのパーツはCPUです。

このパーツでは、コンテンツによっては妥協できるし、妥協できない場合もあるという微妙な立ち位置です。

コスパと予算の折り合いがつく中でできるだけ高性能なものを考えるのがおすすめです

CPUについて上の推奨スペックを確認するとすべてで

Intel® Core™ i5-4590 以上

となっています

型番コア数
(スレッド数)
性能目安価格(円)コスパ
(価格÷性能目安×10000)
Core i9-9980XE18
(36)
2631240000110
Core i9-9900K8
(16)
182865000281
Core i9-9820X10
(20)
1989110000181
Core i7-9700K8
(8)
158650000317
Core i7-8700K6
(12)
146140000365
Core i7-87006
(12)
137240000343
Core i5-9600K6
(6)
120232000376
Core i5-85006
(6)
108127000400
Core i5-75004
(4)
70625000282
Core i5-45904
(4)
64330000214

先ほどを同じように上の表を見てみると一般的に現時点では高性能になればなるほどコストパフォーマンスが下がるという傾向にあるようです。

コストパフォーマンスから考えて最も高いのは

Core i5-8500

となります。

コスパから考えるとCore i5-8500が正解ということになりますが、個人的には予算に余裕があるのであれば

Core i7-8700

を選ぶとこれからさらに処理の重いゲームが出ても長く使えると思います。

 

結論

・コスパから考えると Core i5-8500

・もし予算が許すならば Core i7-8700 でも良い

Ryzenについては先ほどと同様互換性の関係で安定してない面もあるので今回は省いています。

 

メモリ (作業台の広さ)

続いてはメモリについて考えます。

メモリとは簡単に言うと作業台の広さ。

作業台が狭ければどれだけ優秀な人でも同時にたくさんの作業をこなすことはできないですよね。

よってVRをプレイするときでもVRのコンテンツが余裕をもって乗り切る机の広さでないといけません。

上の推奨スペックを確認すると

4 GB RAM以上   と  8 GB RAM以上

の条件がありますが、これから$GB RAMではさすがに心もとないですし、値段もそこまで差がないのでここでは

8 GB RAM以上 で考える

というのが結論ですね。

結論

・8 GB RAM以上でok

・予算が許す範囲で16 GB RAMくらいあっても良い、それ以上は不必要

 

ビデオ出力

ビデオ出力について上の推奨スペック表を確認してみると、

HDMI と DisplayPortが必要となっています。(バージョンに関してはあまりにも古いものを買わなければ大丈夫)

これからゲーミングPCの中でコスパを重視して選んでいきますが、

HDMIもDisplayPortもPCゲームをするにあたってかなり一般的な出力なので、もちろん買う前に確認は必須ですがほとんどの場合どちらも搭載しているでしょう。

 

USBポート

USBポートに関してもビデオ出力と同様確実にどのゲーミングPCにも搭載されています。

唯一注意にすべき点と言えば

USB 2.0ポート や USB 3.0ポート がある中で

最新のUSB 3.0ポートが搭載されているものを選ぶべきです。

ポートの数は後からでも増設できるのでそこまで気にする必要はありませんが、できればPC本体の前面に多くUSBポートがあるとVRに限らず何かと便利です

 

コスパ重視実際に選んでみた

 

さて、これで各パーツごとの選び方の確認が終わり

ここからはさきほどの選び方を考えつつコスパ重視でVRに使うPCを選んでいこうと思います。

ここからはコスパを重視し、おすすめランキングという形で紹介していきます。

(自作という手もありますが、最初の一台で自作は動作確認や、経験不足などの面から言ってやめておくのが賢明です。)

 

最安値を狙うならこれ

GALLERIA RV5

スペック

OSWindows 10 Home 64ビット

CPU AMD Ryzen 7 2700 (3.2GHz-4.1GHz/8コア/16スレッド)《無料アップグレード中》

グラフィック NVIDIA GeForce RTX2060 6GB

メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)

ハードディスク 1TB HDD  SSD250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)

光学ドライブ光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)

マザーボード AMD B350 チップセット マイクロATXマザーボード保証持ち込み1年保証

 

ポイント

先ほどの推奨スペックを満たす構成かつ最安値を狙うならこの辺りになるでしょう。

推奨スペックのほかにもSSDの搭載はVRを使う上でも大きなプラスになるのでSSDがしっかり250GBついているのは心強いです。

光学ドライブ(DVDを読み込んだりするパーツ)がついていないので、VR以外の用途でも不便なく使うためにカスタムで追加しておきましょう。

 

 

バランスとれて15万以下ならこれ


LEVEL-M0B6-i5F-ROR [Windows 10 Home]

スペック

Windows 10 Home 64ビット [DSP版]

CPU  Core i5-9400F

メモリ DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1)

ハードディスク 240GB Serial-ATA SSD , 1TB Serial-ATA HDD

DVDスーパーマルチ

GPU  GeForce RTX 2060 6GB GDDR6

ミニタワー / microATX

500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

ポイント

最安値の構成とのさはCPU性能の向上と光学ドライブがついたことですね。

光学ドライブはVR以外の用途でもいろいろと役に立つのでつけておくべきというのが個人的な意見です。

もう一段階上のグラフィック性能を目指すならこれ


GALLERIA XF 

スペック

OS
Windows 10 Home 64ビット
セキュリティ対策
マカフィー・リブセーフ 12ヶ月 製品版 《無料プレゼント中》
オフィスソフト
Office なし
Steam
Steamクライアントのインストール
CPU
インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド) 《無料アップグレード中》
CPUファン
静音パックまんぞくコース
グラフィック機能
NVIDIA GeForce RTX2070 8GB (最大クロック1620MHz/HDMI x1, DisplayPort x3, DVI-D x1)
電源
AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)《無料アップグレード中》
メモリ
8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
SSD
500GB SSD
ハードディスク/SSD
2TB HDD《無料アップグレード中》
光学ドライブ
光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー
SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド
マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース
ガレリア専用 KTケース (ATX) ≫製品の詳細はこちら
LAN
ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボード
インテル H370 チップセット ATXマザーボード
PCI-Ex16 x1, PCI-Ex4 x1, PCI-Ex1 x4 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2 / COM x1
※M.2_1 ソケットとSATA_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート
前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x2 USB3.1 Gen2 x2 (TypeA)
標準キーボード
キーボード無し
標準マウス
マウス無し
サイズ
207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm設置イメージを表示
重量
約13.9kg
持込修理保証
保証期間1年

ポイント

上で紹介した2つより一段階GPUやその他の性能が上がったのがこの構成です。

予算にもう少し余裕がある人などはこちらを選ぶとこれからグラフィックの上がった最新ゲームなどが出ても長い間現役で使えるでしょう。

光学ドライブ(DVDを読み込んだりするパーツ)がついていないので、VR以外の用途でも不便なく使うためにカスタムで追加しておきましょう。

GTX 2080搭載で最強の性能を求めるならこれ

LEVEL-R039-i7K-VOVI [Windows 10 Home]

スペック

Windows 10 Home 64ビット

CPU Core i7-9700Kインテル Z390 Express

メモリ DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2)

ハードディスク 250GB NVMe対応 M.2 SSD 1TB Serial-ATA HDD

光学ドライブ DVDスーパーマルチ

GPU GeForce RTX 2080 8GB GDDR6

ミドルタワー / ATX

700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

ポイント

最後にGTX 2080を搭載した最強PCを紹介しておきます。

金額的にはかなり跳ねますが、現在のVRの推奨スペックから見てもかなりの余裕があるため長く使い続けるという面ではコスパが良いと言えます。

 

まとめ

 

まとめ

・推奨スペックを確認して、満たしているものを選ぶ。

・正しくパーツごとの特性を理解していれば賢く買い物ができる。

・少し余裕のあるスペックのものを選んでおくと長く使えて結果的にコスパ◎

 

-VR
-, , , ,

Copyright© xR LABO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.